少子高齢化などによって日本の社会構造は根本から変化しつつあります。そのため、親と子の関係性についてもブラッシュアップしていかなければ、大きなトラブルの原因になるかもしれません。そのため、今児童養護施設についての注目が高まっています。どのような児童養護施設のサポートを受けるのが良いのでしょうか。

福音寮は職員全員が同じベクトルを目指す

福音寮は理念として「ほっとした繋がりで育ち合いましょう」という言葉を掲げています。そこでは子供を育てるだけではなく、職員一同も成長していくという気持ちが込められているのです。そのため、職員行動指針も「誠実・信頼・成長」の3Sを掲げており、地域社会の希薄さが問題になっている昨今の中で、職員が同じ方向性の元で児童福祉に対して向き合っていくという姿勢を表しているのです。

また、児童養護施設として福音寮では「家庭支援」「地域交流・地域支援」「専門的支援」の3つの柱を大切にしています。小規模化やホームでの食事づくりを行うことで家庭に近い環境を作り出し、施設の中で完結しない地域社会との触れ合いを通じてコミュニケーションの大切さを子ども達に教えます。さらに、子ども達が抱える様々なトラブルを解決するための専門的知識を持つ職員の配置をすることで環境を充実させているのです。

福音寮での働き方

働くということは賃金だけではなく働きがいを求めなければいけないと言われています。それは、仕事は人間の生活している24時間のうちの3分の1という非常に長い時間を拘束されることになるからです。そのため、自分がいかにして輝くことが出来る職場なのかということを念頭に採用情報を見ていくべきだという意見もあります。

福音寮の採用情報ではオンとオフが切り替えやすい勤務体制だと言われています。それは残業がほとんど無いからです。また、夏季休暇・年末年始休暇も取ることが出来るので、プライベートの時間をしっかりと取ることが出来ます。このような職場環境は仕事に集中をすることが出来るため、働きがいを見つけながら仕事をすることが可能になるのです。

子どもの成長に関わりたい人は福音寮へ

子どもだけでなく職員も育っていくという気持ちを持っている福音領は理念と職員行動指針において、その意識を全体に共有しています。また、児童養護施設としても施設的な対応ではなく、家庭に近い環境を作り出すことによって児童の健全な育成を目指しているのです。それだけではなく専門的知識を持つ職員のサポートも忘れていないため信頼されています。

そんな福音寮で働きたいという人は採用情報をチェックするようにしましょう。採用情報の中で目を引くのが仕事とプライベートをしっかり区別することができる勤務体制です。だらだらと仕事をするのではなく、きっちりと線を引くことによってモチベーションを高めることにも繋がります。仕事を頑張りたいという人ほどこのような職場が良いと言われているのです。