日本は、年々離婚率が増加しております。今回の新型コロナウイルス騒動に離婚するコロナ離婚などもテレビで紹介され話題となりました。日本では、女性の方が親権を取るのが多いようです。しかし、親権を取得しても子育てをしながら働くのは難しく、貧困化の原因となっております。少子高齢化が叫ばれる日本国内において、こういった問題は無視できない物となっております。

シングルマザーが大変だと思う事

シングルマザーが大変な事は本当に沢山ありますが、中でも深刻な問題は、金銭的な負担と育児です。シングルマザーになる時に、共働きではなく専業主婦であった場合には、職探しからのスタートになります。妊娠を機に退職した職場に復帰できれば良いのですが、そうではない場合には、就職に有利な資格を持っていなければ、希望通りの条件での再就職は難しいと言えます。

また、育児もとても大変です。シングルマザーになった場合には、育児にかけることができる時間が制限されます。やはりどうしても至らないところが出てくるでしょう。子供に寂しい思いをさせてしまっていると思っている方も多いはずです。そんな中で周りから否定的な意見を言われたりすると、精神的に参ってしまいます。仕事と育児の両立を無理をして頑張っているのにとストレスが溜まってしまい、うつ病になってしまう方も少なくありません。

仕事や子育てが難しい状況になった際に、福音寮のような児童養護施設に頼ることも一つの方法として覚えておいてください。不安定な状況下では子どもも自分も傷付くことが増えるかもしれません。思いつめてしまう前に、まずは相談してみましょう。

増加する児童虐待のニュース

令和になってからも児童虐待のニュースが後を絶ちません。柏市の児童虐待の事件のように、子供が死に至るケースも少なくありません。愛情があった保護者の方も子育てと育児の両立によって精神が蝕まれてしまい、子供を虐待するようなケースが増えております。

ここで注意しなければいけないのが、保護者の方は、子供が憎くて虐待しているのではないということです。精神的に追い込まれすぎていて手を出してしまうという方が大半となっており、現実逃避であったり、うつ病などによって虐待してしまっているということです。もちろん虐待された子供を考えると保護者を擁護することは憚れますが、保護者も追い込まれているということなのです。

福音寮のような場所が必要とされる

子育てが辛くてお子さんに手が出てしまうという方は、福音寮を利用するのもひとつの方法です。福音寮は、口コミでも評判の良い児童養護施設なのですが、保育園や学童クラブなども運営している子育てのプロフェッショナル集団です。福音寮の児童養護施設は、7つのグループホームに別れているのですが、いずれもアットホームな環境ですので、のびのびと生きる力を育むことができます。

また、おでかけひろばを利用すれば、福音寮のスタッフさんに加え、地域のボランティアの方と一緒に子育ての情報交換をすることができます。シングルマザーで子育てに行き詰まってしまったような方には、ありがたいと思えるようなアドバイスを貰う事もできます。児童虐待をしないためには、ストレスを溜め込まないことにくわえ、身近に理解者がいることが重要です。口コミでも評判の良い福音寮でしたら、安心して子育てを手伝ってもらう事ができますし、保護者の方の精神状態も改善されます。もし、本当に辛いと感じたときは相談しましょう。

チャボナビという社会的養護総合情報サイトもあります。もちろん福音寮の詳細も見ることができますので、不安を感じる方はまず詳細を確認してみてください。

児童養護施設の福音寮の詳細を確認